スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艦首ブロックを削れ2

昨日は、帰ってくるのが遅く作業が出来ませんでした。
今日は、艦首ブロックの加工の津続きを作業しました。
彫刻等を駆使し、何とか加工できました。つい、削りすぎるので、いっぺんに削ろうとせず慎重に削ったほうがいいかと思います。何とか、形にはなったと思います。
20051130184825.jpg

20051130184924.jpg

20051130185008.jpg


20051130185053.jpg

スポンサーサイト

艦首ブロックを削れ

今日来た、12号の艦首ブロックを11号のブロックに木工ボンドで積重ねて接着しました。そして、船体側の面を紙ヤスリで面を整えます。
20051128184724.jpg

この後、ステップ・バイ・ステップでは船体にブロックを固定してから、ブロックの削り作業に入る指示になってますが、作業性の面から私はブロックを固定前に削り作業に入ります。
材質は硬すぎず柔らか過ぎずの感じです。ただ、油断をしているとザクと彫刻等が入ってしまい、注意が必要です。一箇所、ザクとやってしまい焦りました。
少しずつ、確実に作業をしていったほうがいいです。まだ、途中ですが、焦らずにやっていこうと思います。
20051128184753.jpg

20051128184825.jpg

20051128184841.jpg

12号到着

今日、12号が到着しました。
今回は、いつもより2日遅かったので、ちょっと心配でした。
メール便で来るので、いたずらされて盗まれたのかなと心配してしまいました。
さて、12号は艦首ブロックの後編になりますので、大まかにブロックを削る作業が有ります。結構ドキドキものですね。
20051128152440.jpg

それと、ウェブサイトから申し込みした人だけに「オリジナルマウスパット」がプレゼントとして、入っていました。
20051128152457.jpg

モデルアート、2006・1月号

今日も仕事で作業が進まず、帰りに本屋さんにより月刊モデルアート誌の2006年1月号を見ると戦艦大和の特集だったのでつい購入してしまった。先日、タミヤの「男たちの大和/YAMATO」仕様の1/700の大和を購入していたので丁度いいタイミングでした。
でも、作る暇が・・・・
20051127181031.jpg

大和特集の表紙を見ると、どこかで見た構図の大和の写真が出ていました。特集にはこれに対する記事は無かったのですが、つい二ヤリとしたのは、私だけでしょうか・・・
夕日を浴びてそそり立つ赤錆だらけの戦艦大和。
254年の眠りからいつ覚めるのか!
地球人類滅亡まであと365日
20051127181055.jpg

機銃射撃装置

やっと、機銃射撃装置にたどりつきました。
1/10大和では、皆さん言ってらしゃるとおり、前後で大きさが違うですよね、手元にあるもでかさ上げをしてみました。1.2mmのプラバンをかませて見ました。ちょどよさそうなので、これで行こうと思います。後は塗装ですね。
機銃射撃装置

今日、以前から発注していたゴールドメダル社のエッチングパーツが届きました。英文の説明書が付いていますので、どの部分かは何とかわかりそうです。しかし、カタパルトの組み立てはかなり難しそうです。あと、レーダーパーツも入っていましたが、ちょっと大雑把ですね。
エッチングパーツ

塗料の買出し

20051125193624.jpg

今日は、製作をお休みして塗料の買出しに言ってきました。
タミヤの呉海軍工廠色とサーフェサーなどです。
1本ずつは持っていたのですが、ヤマトも作り出したので、心もとないで、買出しに行きました。

艦体の整形

さて、気になっている艦首のライン修正の為パテ盛り、主翼の穴・舷側ミサイルのモールドのパテ埋めの最中です。
艦体の整形

艦橋の製作

艦橋

艦橋にサフを吹いて見ると、まだ粗が目立ちます。まだまだ仕上げがたりません。
一つ目の艦橋が出来ていないのに2つ目の艦橋にも手を出していいものかと思いながらも、第1艦橋の窓と第2艦橋の窓を開けてみました。まだ、第2艦橋の窓は後側は未仕上げです。
昨日、本屋さんに行くと超精密「3D CG」シリーズの新刊が有りつい買ってしまいました。戦艦大和の全てで艦内をCGで再現・艤装中の大和のCG・戦艦大和 初期型のCG・不鮮明な資料写真のCG化などです。
なお、このCGデーターは「男たちの大和/YAMATO」のCGデーターの元にもなったそうです。
3D CG 戦艦大和の全て

艦橋の製作

艦橋

今日は、少し艦橋のパーツを付けました。
結構隙間があります、パテで修正をしなければなりません。
頑張って、他の製作者の方においつかなけれが・・・

宇宙

この宇宙戦艦ヤマトは、バンダイ製ビックスケール・ポピニカ魂です。
スケールは、1/625で各種ギミック内臓です。初版は4年前位だったと思います。今年の春に再販されましたので、購入しました。
内容
1、波動砲の発光と発射音
2、主砲の回転・仰角・ショックカノンの発射音
3、パルスレーザーの回塔・発射音
4、主翼の展開
5、艦橋の発光・出航警報音
6、波動エンジンのフライホイールの回転・始動音
7、メインノズルの発光・噴射音
etc
などです。
12月には同じバンダイから1/700の宇宙戦艦ヤマト メカニックファイルが、発売の予定です
内部構造が再現され、各種ブロックに分かれて販売されるそうです。
予価:1箱525円(税込)の予定です。
20051121172644.jpg

20051121172624.jpg

宇宙戦艦ヤマト

艦首のラインの比較

さて、バンダイ製ヤマトの手を加えたい所ですが、まず艦首部分の波動砲周りのラインがちょっと、違う気がします。ここは、ポリパテで修正のつもりです。あと、波動砲のライフリングもプラバンで造り直す予定です。
艦尾部分の比較

艦尾部分では、このモデルの一番手を加えたい所のメインノズルと補助エンジン部分です。もう少し艦尾は、大きい方が迫力があると思います。手を加えたい所はまだまだ有りますので順次書いていこうと思っています。

11号が着ました

11号到着

艦首ブロック

今日、11号到着しました。
内容は艦首ブロックの下部の部分と望遠鏡×8です。
早速、艦首ブロックを仮組して、艦首部分に乗せてみました。木工ボンドでの接着は12号が、到着してからにしようと思っています。とりあえず仮組みのみです。だんだん大和の船体のシルエットに近づいてきましたね。次号が、楽しみですね。早く艦橋の製作を追いつかなければ・・・

1/500バンダイ製宇宙戦艦ヤマト

1/500バンダイ製宇宙戦艦ヤマト

ヤマトと言えば宇宙戦艦ヤマトを忘れるわけにはいきませんよね!と言う事で、バンダイ製1/500の宇宙戦艦ヤマトを製作しようと思います。週間戦艦大和と宇宙戦艦ヤマト、ただでさえ時間があまり無いのになんと無謀な考えヤマトの方は戦艦大和の息抜きのつもりで行きます。
ただ、20年位前に一度このキットを製作した時にディティールに不満があった所には手を入れて行こうと考えてます。
1/500バンダイ製宇宙戦艦ヤマト1

艦橋の製作

艦橋

艦橋の製作、左の艦橋はサフ吹き、左の艦橋は第1艦橋の窓の穴開けの最中です。窓開けは、ドリルで穴を開けてから、ヤスリで削ってます。言葉で書くと簡単ですが、すごい労力を使います。まだまだ、かかりそうです

艦橋の現在の状況

先日、模型屋さんでタミヤ製の電動ハンディドリルとリューターを見つけ購入しました。木工&プラスチック用なのですが、艦橋の加工に役に立つのではと思い購入、1個¥1800-と言うのも魅力でした。
早速、艦橋の加工に使用してみました。丸窓の開口に使用してみると、なかなかスムーズに穴を開けられました。艦橋前面の穴もこのドリルで開けてみました。リューターはあまりパワーが無いので金属の加工には向かないようです。ただしパテ盛りした後の加工には丁度いい感じです。第2艦橋の下の面の段差は0.3mmプラバンを貼り付けて、遮風装置の取付けをしパテで修正、旗甲板の取り付けをしました。少しは作業がやっと進みました。現在の艦橋の状況

第10号船尾パーツ

第10号船尾パーツ

今日は、第10号船尾パーツの取り付けをしました。
まず、船尾部キールに付ける④のパーツですが、取付面に当て垂直に付くか確認し、斜めになるようだったらヤスリで修正して、取付けします。
③のパーツは、まず2本を並べ長さが揃っているか確認し(私のは、長さが少し違っていた)修正が必要ならばヤスリで修正する。
カッターより彫刻等ほうが、削りやすいです。大まかに削ったらヤスリで仕上げをする。ヤスリに当てる棒などが無ければ、平らな場所にヤスリを置いて削るといいです。とりあえず10号の船体パーツは完成。
艦橋パーツを急がなくては・・・・

デアゴスティー二の大和は

1/100戦艦大和、艦橋

デアゴスティーニの大和はこの1/100のモデルに近いと思います。
このモデル、日本海軍艦艇模型保存会の故河井登喜夫氏が製作されたものです。河井氏は、呉の1/10の大和の製作にも参加されていたそうです1/100戦艦大和

21号電探

白黒写真が、日本海軍艦艇写真集別巻・戦艦大和・武蔵よりです。
カラーの方は、甦る戦艦大和、1/100スケールモデルの特写です。
大和魂さんのコメントにある様な形状ですね。
でもそこまでの技術が、私には無いですよね。
多分21号電探は、パーツどうりに組むと思います。20051112195727.jpg

20051112195746.jpg

10号到着

20051112154227.jpg

今日、仕事から帰宅すると10号が来ていました。
内容は写真のとうりで、船尾パーツとレーダーパーツです。
船尾パーツの2本は、カッターで斜めに削るそうです。
失敗しないか、ちょっと不安ですね!
レーダーのエッチングパーツも細かい作業が要求されそうです。
早く、艦橋製作を進めなくてはと焦ります。

9号の船体フレーム

20051110174432.jpg

今日、休みなので9号の後部フレームに手をつけました。
修正中の第15フレームを取り付けて、9号の後部甲板を取り付けて、
このあとパーツに曲げ癖を付けて第16フレームに取り付けます。
これから、こうゆう工程が増えてくるのかな?
本日はこれまでです。
相変わらず艦橋部品が、手つかずです。

今日、9号が届く

今日、仕事から帰ると9号が届いていました。
中を見ると木製部品のみで、しかも大きさがこの大きさです。
これで、¥1190-は高いのでは?
ウルトラセブンも呆れているぞ!20051105165106.jpg

現在の建造状況その2

現在の木造部品の状況です。
8号まで進んできましたが、ここで問題発生!
第15フレームのハジが、反っているのが、見つかった。
取り付けしたときは、なんとも無かったのに!
第15フレームを取り外し修正しなければ。
金属部品が、あまり進んでないのに。20051104165840.jpg

続きを読む

プロフィール

ダイヤマト

Author:ダイヤマト
性  別:男 性
都道府県:東京都
自己紹介:戦艦大和&宇宙戦艦ヤマトが好きな親父です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア

宇宙戦艦ヤマト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。