スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2艦橋の窓

小西製作所さんから、エッチングパーツが届きましたので、それを使って第2艦橋の窓を取り付けました。使用したのはハシゴのエッチングパーツです。旨い具合に付いたと思います。因みに型番L50です。
20051224203252.jpg

20051224203341.jpg

スポンサーサイト

16号到着

いよいよ、今年最後の「やまつく」16号到着です。
内容は前回同様の艦橋ベース(15号から四角い金属を抜いた様な物)と外板です。
17号も艦橋ベース(艦橋の下側の部分)と外板だそうです。そんな訳でまだ、ベースには手を付けないで置きます。
そろそろ、外板にも手を付けないといけないのですが、艦橋の製作が進んでいませんので、年明けからボチボチと行きます。
仕事の方が年末モードで時間が取れなくなってきているのでしょうが有りません。
20051224180848.jpg

20051224180949.jpg

それと、小西製作所さんに発注していたエッチングパーツと真鍮製パーツが届きました。エッチングパーツはテスリとハシゴです。真鍮製パーツは、水密扉と双眼鏡と噂の60cm探照塔です。お気楽さんから進められていた通りで素晴らしい出来です。
これで、艦橋製作にも弾みが付くというものです。
20051224181603.jpg

素人おじさんには、また刺激が有るかな?

旗甲板

いよいよ、仕事も年末年始モード突入となり「やまつく」の製作時間もままならずと行った状況です。それでも、旗甲板の削り作業の状況です。イマイチ形状が気にくわないと行った状態です。まだまだ、修正を加えていく予定です。
20051223194918.jpg

20051223195000.jpg

旗甲板のやり直し

旗甲板の件でいろんな皆さんからコメントを頂き有難う御座います!
いろいろ考えた結果、3号がもう一冊ありましたので、一からやり直すことに決めました。実は、3号の船体フレームの製作の時に大失敗をやらかし、3号をもう一冊購入していたのです。
ですから、今日からまた削り直しです。
写真にやり直しの甲板と失敗作、1/700の甲板です。
20051221191109.jpg

どんどん、泥沼にハマって行くダイヤマトです。
ついでにメールで小西製作所さんにパーツを発注しました(噂の60cm探照燈も)。

旗甲板の大きさ

現在、旗甲板の加工中なのですが、形状を呉の大和と同じにするつもりでいるのですが、何気なく1/10の大和の写真集についている図面をスキャナーで拡大コピーしてみると、大きさが小さすぎたのに今頃気づいた。どうしたものか・・・
20051220195859.jpg


20051220200124.jpg

さて、どうしたものか・・・
調子こいて削ったのはいいが、困ったことになったな・・・

現在の状況

いよいよ、仕事の方も年末モードになって来ました。
年明けまで「やまつく」の製作もペースダウンの兆しです。
それでも、コツコツとやっていくつもりです。艦橋加工の方ですが、旗甲板の加工がまだ途中です。しかし、先日購入したハンディールーターは、本当に作業効率アップに貢献しています。主砲の足場部分の加工にも重宝しています。
素直に素組みすれば、こんな苦労はしないのかも知れませんが、自分だけの大和を作りたいのでショウガナイデスネ!
本日はココまで。
20051219203327.jpg

20051219203420.jpg

艦橋ベース

昨日来た、15号の艦橋ベースですが、金属パーツで中は中空です。
箱から出して、平らな所に置いてみましたが、少し反っている様な気がします。接地面(船体と接地する部分)の修正が、必要かも知れません。加工組み立ては、16号が来てから始めようと思います。
それまでは、艦橋の製作をメインにします。
20051218160140.jpg

20051218160224.jpg

20051218160316.jpg

15号到着

今日は、いつもより早く帰宅したところ、15号が来てませんでした。また、1~2日遅れるのかなと思いながら、部屋に入り、いつも通りにパソコンのスイッチを入れ立ち上げようとした所、ブルーの画面にHDエラーと出て立ち上がらず、以前にもこの症状があり対処法がわからずOS再インストールする羽目になり焦りました。
対処・復旧の仕方の本を見てアレコレ、操作をし何とか、事なきえました。
そして、帰ってきたのが早かったので、まだ来てなかったのかと思い、外を見ると15号が来てました。
中身は、艦橋ベースと外板です。艦橋ベースは16号と一緒に組み立てた方が無駄がなくてよさそうです。
外板の方は、貼り付ける前にフレーム側面を船体の曲線に合わせて削る作業が必要のようです。
20051217165948.jpg

大和魂さんから、ご質問の金属の四角い物と丸い物の正体です。
20051217175429.jpg

兵員待機所&旗甲板

ココの所本題から浮気してましたので、久しぶりに「ヤマツク」ネタで行きます。
まずは、兵員待機所から行きます。横幅が狭いので、プラ板で拡張しました。上面は真鍮製の滑り止め加工のある物を使用するつもりです。
また、旗甲板も形状がだいぶ違っているので加工を始めました。まだ、加工途中です。
旗甲板など、加工のスピードアップを狙って、立川のコトブキヤさんでウェーブ社製、ハンディールーターMk.1を購入しました。
立川まで行ったついでに本屋さんで、かねてから購入したかったヤヌス・シコルスキー著、戦艦大和図面集を購入してきました。
艦橋製作の遅れを取り戻すぞ!
20051216191121.jpg

20051216191227.jpg


20051216191327.jpg

連斬模型シリーズ 

連斬模型シリーズのシークレットアイテムのポスト「大和」 A-150計画艦のパンフレットです。
20051215172146.jpg

ちょっと、見ずらいかも知れません。
簡単に説明すると、大和型の主砲を51cm砲に変更。そして、副砲は廃止で、高角砲は8式10cm・通称「長10サンチ」です。

シークレット

今日は、18:00から仕事関係の忘年会なので、「やまつく」は手を付けられず、そこで昨日着た。連斬模型シリーズ、「男たちの大和/YAMATO」のシークレットを大急ぎでおおざっぱに組み立てましたので、マストとか機銃などはまだ、取り付けてません。
20051214163625.jpg

20051214163709.jpg

さて、行きたくない忘年会へいくとしますか。

連斬る模型シリーズ

今日は発注していた連斬模型シリーズの「男たちの大和/YAMATO」仕様が届きました。1ケースで2艘分が入っています。中身を確認すると天一号作戦時とシークレットモデルが入っていました。まだ、組み立てていませんが、シークレットモデルは、もし大艦巨砲の時代が続いていたとしたら実現したかもしれない超大和級戦艦です。主砲は51cm砲を搭載だそうです。
ポスト「大和」 A-150計画
20051213172221.jpg

まだ、組み立てていないので、その一部の第一主砲部です。
20051213172414.jpg

艦尾ブロックと船体のドッキング

今日は、艦尾ブロックと船体のドッキングです。
①まず、艦尾ブロックの船体側の面を紙ヤスリ(平らな面にヤスリを置いて)で整えます。
②木工ボンドで第18フレームの船尾側に艦尾ブロックを接着します。
この時、第18フレームの甲板上面と艦尾ブロックの上面を揃えて、フレームの左右にブロックが均等にはみ出すようにします。
20051212165727.jpg

20051212165810.jpg

20051212165856.jpg

船体は、15号から外板の貼り付けが始まります。
その前に少しでも艦橋の製作を進めなくては・・・・

艦尾ブロックを削る

艦尾ブロックを削りました。
部分部分で、木材の硬さが違い削り難い部分が有り苦労しました。
仕上げは外郭を貼り付けてから、仕上げるようなので、とりあえずこんな物かな・・・
結構、近くで見ると粗が目立つのですが、最後の仕上げの時にやります。しかし、何時のことやらですが、遅れている艦橋の製作を追い上げなければ・・・
しかし、いよいよ15号より船体の外板張りです。楽しみです。艦橋のベースの金属パーツも付いてきます。
20051211191530.jpg

20051211191624.jpg


20051211191708.jpg

13号、艦尾ブロック組立て

さて、艦尾ブロックの組立てです。
①まず、ブロックをステップ・バイ・ステップの原寸図に載せ番号を振る。
②接着前に仮組みをし、番号が間違ってないか確認する。
 みんな似たような形状なので注意が必要です。
 仮組みをしないで、いきなり接着して間違いに気づいても遅いので必ずした方がいいです(仮組みで、1番と2番の間違いに気づいた)。
③船体側の平面を合わせながら木工ボンドで組み立てていく。
 あとは、クランプで軽く押さえる。今日はココまでです。
20051210190133.jpg

20051210190220.jpg

14号到着

本日、14号が到着いたしました。
いよいよ、艦尾ブロックの後編です。
まず、ステップ・バイ・ステップによれば、残りのブロックを積み重ねて接着します。船体側の面を揃えて組み立てていきます。次に上面から突き出た棒材を切り落とします。艦尾ブロックの船体側の面をヤスリで整えてから、船体に接着してから削り作業となっていますが、やはり船体に接着前に削り作業をした方がいいと思いますので、艦首ブロック同様にブロック単体で削り作業を予定しています。
20051210181358.jpg

防空指揮所の前面

さて、今日は昨日の続きの防空指揮所の前面製作です。
両サイドにもプラバンの細切りを貼り付け、しばらく放置しときます。
20051209180813.jpg

この後、スリット外周にプラバンを貼り付けました。
後は、パテとヤスリで修正していく予定です。
20051209181246.jpg

20051209181303.jpg

防空指揮所

第2艦橋の窓にプラバンで窓枠を付けてみたのですが、いまいちしっくり来ません。ここは、もう一度やり直そうと思います。
今日は、防空指揮所の前の部分のスリットの製作に手をつけました。
手持ちの材料でプラバンを細切りにして接着していきました。細かい作業なので、目が疲れます。
20051208175442.jpg

20051208175536.jpg

連合艦隊

昨日、近くの山田電器で「連合艦隊」のDVDを買ってきました
もうじき、「男たちの大和/YAMATO」が公開ですが、戦艦大和の映画で忘れる分けには行かないのが東宝映画が24年前に製作した「連合艦隊」です。当時、9000万円の制作費をかけ1/20の戦艦大和のモデルを制作して撮影されました。大和の登場シーンなどを先に見ましたが大型モデルでの撮影は迫力があります。ただ、呉の大和の写真を見た今では大和のディテールの再現度に24年の差が感じられるのは致し方無いですね。
映画の中では、竣工時、レイテ時、そして菊水作戦時と再現されています。
「男たちの大和/YAMATO」の前に見てみるのもいいかも知れません。
20051208064734.jpg

艦橋の

今日は、艦橋Ver.1の射撃指揮所の塗装を軍艦色でしました(ペットボトルキャップの上のヤツ)。
それと、艦橋Ver.2の第2艦橋の窓枠の取り付け、細切りのプラバンをゼリ状接着剤で固定し後でカッターでカットします。
20051206195148.jpg

射撃指揮所の窓

射撃指揮所の窓の大きさが小さい気がしたので、ヤスリで削り落としてプラバンで大きくしてみました。
20051205183700.jpg

20051205183743.jpg

艦尾ブロック

早速、艦尾ブロックを組み立てしました。
たったこれだけです、あとは14号が来てからです。
艦橋に望遠鏡を取り付けて見ました。ステップ・バイ・ステップではレンズ部はシルバーで塗装の指示ですが、呉の大和の写真を見ていると黒ではないかと思いレンズー部は黒で塗装しました。
20051204163642.jpg

第13号到着

13号が、今日到着しました。今回は艦尾ブロックと探照灯管制塔です。
艦尾ブロックも2号にわっての製作ですね。艦尾は艦首に比べて形状が簡単なので艦首ほど苦労はしないかなと思います。あと、13号と一緒に「男たちの大和/YAMATO」のチラシが入っていました。
20051204152240.jpg

20051204152254.jpg

艦首ブロックの取り付け

削り終わった艦首ブロックを船体に接着をしました。
木工ボンドを塗り船体に中心を出しながら接着しクランプで固定しました。
とりあえず、12号までの船体作業終了です。艦橋パーツの製作を急がなくては・・・・
20051201183511.jpg

20051201183601.jpg

20051201183646.jpg

プロフィール

ダイヤマト

Author:ダイヤマト
性  別:男 性
都道府県:東京都
自己紹介:戦艦大和&宇宙戦艦ヤマトが好きな親父です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア

宇宙戦艦ヤマト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。