スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船体の加工その5

今日は、55号は届きませんでした。
船体の加工仕上げは、余り変化が無くブログの更新ネタが無くて困ちゃいます。
そんな訳で、今日はまだ船体のパーツで取付していなかった、パーツ2点を取り付けました。
25号のパーツと39号のパーツを取り付けました。
25号のパーツですが、既に皆さんは分かっていると思いますが、形状が呉の物とヤヌス図面とも違っています。
形状はヤヌス図面を元に形状変更をしました。
20060930203049.jpg

20060930203146.jpg

形状変更には斜めにカットされている所に外板の余りを接着してカットして形状変更をしました。
それと39号のキール側面に付けるパーツですが副舵の所のみ取り付けました。主舵の所は呉の大和は側面は曲面になってないので取り付けません。
20060930203749.jpg

今日はココまでです。
そう言えばディアゴさんは、今度はフェラーリF1のラジコンカーの週刊を始めたようですね!今年でシューマッハが引退するタイミングに合わせたような感じもしますね・・・
スポンサーサイト

54号到着

54号到着しました。
前号と同様で外側のスクリューのパーツです。20060924200759.jpg

そして、次号予告です。
艦尾、飛行甲板のパーツです。
なんと、飛行甲板のレールは真鍮線のようです。ここは、鉄道模型のレールの流用を考えています(Zゲージの物)。
20060924201209.jpg

それと、パーツ配布の今後の予定がディアゴのHPで公開されました。

船体の加工その4

ここ数日、9月も後半だと言うのに暑い日が続いています。
やっと涼しくなって良かったと思っていたのに!
さて、船体作業の続きです。
船体全体にヤスリ掛けをしていますが、なかなか凸凹が滑らかにならないものですね。
20060921220430.jpg

20060921220505.jpg

20060921220547.jpg

それと艦首部分の加工部分にパテを盛り付けて、ヤスリで整形してみました。
20060921220833.jpg

20060921220930.jpg

20060921221042.jpg

とりあえず、ココまで来ました。まだまだ、修正していかなければ成りませんが、納得できるまで、やって行こうと思っています。

53号到着

53号が到着しました。
内容は、スクリュープロペラです。赤丸部分は不要パーツです。
20060916190521.jpg

それ以外にスクリュー付け位置図とお知らせとお詫びです。
53号と54号に不要部品が入っているそうです(上記の赤丸)。
20060916190917.jpg

必要パーツ一式です。
20060916191127.jpg

以上ですが、スクリューの先端形状は最近分かった物と違いますね。
さて、どうした物ですかね~?
写真をタカラ連斬模型の大和の艦尾部分です。
20060917153535.jpg

次号予告です。
今回と内容は同じで、スクリュープロペラです。
20060916192506.jpg

船体の加工その3

船体の加工の続きですが、ここの所余り時間が取れず作業が余り進んでません。
今日は、船体加工に必要なゲージを作成しました。艦首部分の4枚しか作成してなかったので、全部作成しました。
ヤヌス図面を1/250にした物を工作用紙に貼り付けて、切り出しました。
20060915202511.jpg

船体の現状です。
20060915202623.jpg

20060915202646.jpg

船体の加工その2

今日は、余り進んでません。
少しヤスリ掛けをしただけです。
画像アップのみでご勘弁ください。
20060911211212.jpg

20060911211231.jpg

艦尾増設機銃座の形状

ちょっと、艦尾増設機銃座の事を書きたいと思います。
いままで、形状が円形と思われていた物が海底探査で呉の大和ミュージアムの形に定説になりつつありますが、歴史群像シリーズ戦艦「大和・武蔵」の中に艦尾機銃座の平面形は不等辺八角形と言うページが有ります。
この中でイラストとモックアップを用いて解説されています。
雑誌の記事を何時までも掲載しとくのは問題有りなので、この部分は削除しました(このブログが存在する限り人目に触れる事なので)
モックアップの写真8は探索映像の様な条件にした写真です。
そうすると、形状は不等辺八角形が有力ではないでしょうか?
また、左右の通路の有無も海底画像で確認出来なかったそうです。
最後に海底探査のキャプチャ画面を見てください。
ここも、上記同様です。後は、下記雑誌及びDVDを購入し自分の目で確かめてください。
自分は、不等辺八角形説を支持します。
トコトンおじさん、機銃座を完成してるのにゴメンナサイ!

参照、学研 [歴史群像]太平洋戦史シリーズ54 戦艦「大和・武蔵」
   
映像画像、株式会社バップ 戦艦大和 深海に眠る、栄光と伝説のすべて よりです。

船体の加工

まだまだ、残暑が厳しい日が続きます。
今日は船体の加工をしました。と言っても先日、艦首部分に修正の為に貼り付けた外板を削る作業をしただけですが、そう簡単に行きませんね!ゲージに合わせながら少しづつ削って行きます。まだまだ、時間が掛かりそうです。
20060910195901.jpg

20060910195925.jpg

20060910195950.jpg

20060910200012.jpg

今日はここまでです。

52号到着

今日、52号が到着しました。
内容は、煙突のベース
    真鍮線(ビルジキールを船体に接着する時にピンにする)
    板×6(ビルジキールにはさみこみ厚みを出す)
    ビルジキール×4              以上です。
20060909194338.jpg

20060909194355.jpg

次号予告です。
煙突ベースが来たので、煙突パーツが続くと思ったらなんと、スクリュープロペラだそうです。
20060909194657.jpg

イマイチ、パーツ配布の基準がよく分かりませんね・・・・
大和魂さん、艦首のイメージとしては1/700の大和もこの感じですよね。
ちょっとピントが合ってませんが。
20060909195200.jpg

トコトンおじさん、ライブドアのブログですが、ここの所、夜にコメントをアップしようとするとエラーが出るのは何故なんだろう?(うちだけ?)

甲板貼りその5&色々

本日は、公休日で甲板貼り他船体も少し作業しました。
先ずは、そうめん貼りの続きです。
第1主砲周りのそうめん貼りを完了しました。
20060908204522.jpg

第2主砲周りは、板が反っていたので水で濡らして上に重しを置いて修正しましたので、そうめん貼りは明日から取り掛かります。
そんな訳で、船体の作業もしました。
艦首部分をヤヌス図面に合わせて修正する為に外板の余りを外板の上に貼り付けました。
これから、ゲージを使って削っていきます。
20060908205249.jpg

そして、船体ゲージをあてる為の線を艦底部に引いていきます。
20060908205531.jpg

甲板貼りと平行して船体の作業もなるべく進めていきます。
昨日、自作した1/700のマストですが一番上側のパーツを付け忘れていましたので今日ハンダ付けしました。
20060908210408.jpg

そのついでにピットロード製のクレーンのエッチングパーツを組み立ててみました。
キットにはワイヤー部分が無いので自作するしか有りません。
ちなみにGMの1/700のエッチングはワイヤー部分も有りました。
20060908211612.jpg

クレーンの後ろ部分のパーツを付け間違いしたみたいです(後でやり直すつもりです)。
それと、主砲の取り付け角度を修正しました。
20060908212303.jpg

今日は、まとめて色々した一日でした。
それでは、また後で。

甲板貼りその4&1/700のマスト

今日も甲板のそうめん貼りの続きです。
コツコツと少しづつ進めています。
ここまで進みました。
20060907220546.jpg

小西製作所製のカタパルト・クレーン・マストの事が気になります。
カタパルトとクレーンはGMのエッチングで行く予定ですが、マストをどうしたものかと考えています。
ディアゴのパーツを改造するか、自作するかどうしたものか・・・
自作する事も考えて、1/700のマストの自作に挑戦してみました。
0.4mmの真鍮線を使用してみました。ただ、ハンダゴテを30Wの物を使用したのは、
失敗だったかもしれません。
ハンダが上手く付きませんでした。
20060907221554.jpg

20060907221619.jpg

この失敗を経験にマストは自作するかもしれません。
次はもう少し上手くいくようにしたいと思います。

甲板貼りその3

今日は、ここ武蔵村山は気温が33℃も有り、真夏が帰ってきたのかと思いました。
それに負けじと甲板貼りを少し進めました。
時間が掛かる割りになかなか進みませんね。
今日は、ここまで遣りました。
20060905211812.jpg

20060905211835.jpg

続きは、また明日・・・

甲板貼りその2

コツコツと甲板貼りをしてます。
やっとここまで、まだまだ先は長いです。
写真を真上から取ってないので、少し甲板ベースが歪んで見えますが、写真のせいです。
20060904203403.jpg

20060904203442.jpg

貼り終えるまで、まだまだかかりそうですがガンバって貼り終えるつもりです。
「ヤマツク」再開する時に、やる気を起こせるために1/700の大和を少し製作を進めてみました。
まず、船体の塗装です。甲板色は塗って有ったのですが、軍艦色を塗装してなかったので、マスキングをして塗装しました。
1/700用の専用のマスキングセットが有るらしいのですが、マスキングテープを少しずつ張っていきました。
20060904204328.jpg

下の三つの部品は先に取り付けると裏側に塗装が回りこまないと思い、内側を先に塗装してから取り付けて全体を塗装しました。
20060904204803.jpg

主砲の砲身もピットロード製の金属パーツに変えてみました。

20060904205010.jpg

20060904205052.jpg

時折、1/700の製作も生き抜きに遣って見ようと思ってます。

51号到着

51号が到着しました。
今回は、50号と同じ排水管とシールド機銃です。
20060903200945.jpg

次号予告です。
やっと煙突のベースです。それとビルジキールです。
20060903201205.jpg

甲板貼り

みなさん、9月に入っても昼間はまだ、残暑が厳しいですね!
さて、甲板貼りですが、少し進めました。と言ってもあまり進んでませんね。
船体の艦首部分の修正もしなくちゃいけないし・・・
20060902201306.jpg

上記のような状況です。
1mm板での作業は、とにかく時間がかかります。(誰だ、こんなこと言い出したのは!)
主砲塔の位置出しをヤヌスの図面でやっていたら、デアゴのパーツは少しサイズが小さいですよね。
以前、大和魂さんが主砲の改修をしていたのを思い出しました。
46cm主砲は大和の顔ですしね、図面どおりに改修しようかな?
プロフィール

ダイヤマト

Author:ダイヤマト
性  別:男 性
都道府県:東京都
自己紹介:戦艦大和&宇宙戦艦ヤマトが好きな親父です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア

宇宙戦艦ヤマト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。