スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艦橋の現在の状況

先日、模型屋さんでタミヤ製の電動ハンディドリルとリューターを見つけ購入しました。木工&プラスチック用なのですが、艦橋の加工に役に立つのではと思い購入、1個¥1800-と言うのも魅力でした。
早速、艦橋の加工に使用してみました。丸窓の開口に使用してみると、なかなかスムーズに穴を開けられました。艦橋前面の穴もこのドリルで開けてみました。リューターはあまりパワーが無いので金属の加工には向かないようです。ただしパテ盛りした後の加工には丁度いい感じです。第2艦橋の下の面の段差は0.3mmプラバンを貼り付けて、遮風装置の取付けをしパテで修正、旗甲板の取り付けをしました。少しは作業がやっと進みました。現在の艦橋の状況

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

リューター

私もリューターを持っていますが、私のは安物です。
砥石付軸も100円ショップで見つけました。
でも、それなりに使えますし、紙やすりよりはマシです(笑)結構、便利ですし作業効率あがること間違いなしだと思います。

組みあがりましたね。私は、2本。充電式と交流式。充電式は音が静かなので夜間用にしています。パーツは200種?。皆さん夜の防音にはかなり気遣っていると思いますが、結構100均マットの上でも気に成りますよね。音が増幅されて。たまたま、コルクのコースタが在ったのでこれを乗せてその上で作業をしています。何せまだ削ってますので。結構音は響きませんよ。それに結構この柔らかさがパーツを押さえてくれます。昨夜は、やはり、第一艦橋が気に入らず、削りだしました。もう一度作業のやり直し。スタート1ヶ月遅れは結構きつい。

電池式

タミヤのは、ドリルもリューターも単3電池式です。パーツ数は、少なくて30種類位の簡単な構造です。でも、結構役に立ってますよ。第1艦橋の窓を開けたくて、創刊号をもう1冊買って、ドリルとヤスリで今、窓を開けてる最中です。

リューターがんばってます。

私も第一艦橋の窓を削りました。単3電池全開で削りまくりました。窓を開けただけて電池がへたってます。これは大変です。第二艦橋はどうしましょう。電池の消費も気になりますが、削りたいところは山ほどです。

削りたい!その一心でけずれ!後は、プラ版がある!仕上がって、後悔するより苦労をとれ!今のうちだ!勇気を持て!でも2~3日掛りになっちゃうよ。目下、全てやり直してます。やすり買い替えながら。もう机の上は鑢だらけ!

第1艦橋の窓は3分の2位まで、やっと開けました。たしかに2~3日掛りになりそうです。ここまで来たら第2艦橋にもチャレンジです。お互いがんばりましょう!
プロフィール

ダイヤマト

Author:ダイヤマト
性  別:男 性
都道府県:東京都
自己紹介:戦艦大和&宇宙戦艦ヤマトが好きな親父です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア

宇宙戦艦ヤマト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。