スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艦橋の改修その2

今日は前回、艦橋の両サイドに有るブルワークを改修しようとペーパークラフトベースで部品を作りに取り掛かりましたが、水戸の大御所様から悪魔の囁きが御座いました。
以下その内容です。
①このブルワーク前面にある“副砲側距儀”が以前指摘しましたが後部艦橋に付いている第二副砲の側距儀と比較すれば判ると思いますがかなり形状が小さいので膨らまして整形した方が良いでしょう。
②艦橋のこの独特のくぼみ(二連装機機銃ブルワーク部)はこのブルワークの後端部へ繋がるラインが“大和型”の特徴ですがこの形状も“D”はいい加減ですので出来れば整形した方が良いでしょう(私はやりませんでした)
そうなんです、ブルワーク前面にある“副砲側距儀”の形状です。
気付いていたのですがここに手を入れるとなると、かなりの大事になりそうなんでブルワークをここの形状に合わせて取り付けようと思っていたのです。
さて、どうした物かと考えました。
そこの部分をある程度削って、ペーパークラフトベースの部品を被せて出来ないかと考えました。
しかし、イキナリ削って失敗したら困りますし、上部の部品が脱落しそうな気もします。
そこで、艦橋本体のパーツがまだ有ったので試しにやって見ました。
週刊戦艦大和を作る 166
これでも、まだ削りたりないようです。
完全に削り取るしかなさそうです。
もしここを完全に改修するとしたら、どうなるか様子を見てみることにしました。
まず、先に“副砲側距儀”を一つ作成して、ブルワークと合わせて見ました。
週刊戦艦大和を作る 167
やはり、しっくりきますね。
艦橋本体に合わせて見ました。
そして、Dの物との比較です。
週刊戦艦大和を作る 168
こんな感じに成りました。
当然、取り付け面の形状が微妙に違いますので細かい調整が必要になります。
また、作業中に他の部分を壊してしまわないか心配です。
どうした物かと悩み中です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

エエ~ヤナイケ~ッ!

すばらしい~っ!・・これでバランスの捕れた艦橋に成りますネ。
私はココっ!パテ埋めと削りでした。・・マダ今みたいに本格的に改造する意欲が無かった頃だったんで~。
ここまで出来るのがウラ~メシ~ヤ~ッ!
デスヨ。

また、悪魔の囁きがー!

大和魂さん、こんばんわー!
またまた、悪の囁きがー^^
取り敢えず試してみて所、行けそうな感じに成ってしまいました(やっぱヤルしかないかー!
これやる前に、トコトンさんのブログを見直してたんですよー!
そうしたら、やっぱり手を加えていたんですよね、それもチャレンジするキッカケには成りました。
ただ、いま製作中の艦橋でイキナリ作業して失敗しないか心配だったんです。
創刊号は、半額だったから三冊位買っていたので、残りの艦橋で試してみたわけです。
そんな訳で、決行有るのみかなー!(ヒェー
まったく、悪い人と知り逢っちゃったなー!(笑

こんばんは。
お邪魔すれどコメント書かずに読み逃げしてましたww

いや~~~力ぁ~入って来ましたねぇ~!
あ~~んまり大和魂さんに「おだてられ」て乗せられるとエライ目に遭いますぜぇ(笑)

けど、大和魂のおっちゃん!
やまつくが大好きですからツイツイ書いちゃうんですよねぇ~(爆)

大和魂のおっちゃん!聞こえたかなぁ~(^m^)>

ココエタデ~エ~ッ!

へへへ~・・!オダテテませんよ~っ!
社長~ここんとこ出張ないみたいですね~。でもそろそろ忙しくなる時期ではアリマセンか~??そろそろ納期がバタバタ迫ってるでしょう~???まとまって~。
私は~性格で~お伊達には乗らないんですが~突っ込まれると~これでもか~って燃えるんですっ!
これって~??変デスネ~。
社長もジブクレ~ン頑張ってくださいっ!
直接書き込めないから~社長へはお伊達も突っ込みも~出来なくて~・・・(笑い)
プロフィール

ダイヤマト

Author:ダイヤマト
性  別:男 性
都道府県:東京都
自己紹介:戦艦大和&宇宙戦艦ヤマトが好きな親父です。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
フリーエリア

宇宙戦艦ヤマト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。